Menu

業務案内

Home

業務案内

可能な限り良心的な価格と、丁寧な仕事をモットーとしています。

複雑な建物でも思いのまま。
クサビ式足場

複雑な建物でも思いのまま。クサビ式足場

くさび式足場は、一定間隔に緊結部を備えた鋼管を建地(支柱)とし、緊結部付きの水平材、斜材等を建地の緊結部にくさびで緊結し、床付き布枠を作業床とした足場で、部材がユニット化されておりハンマー1本で組立できる作業性の良い足場です。
足場を設置する敷地が狭く、建物の形状が複雑でも、盛替え、組み替え作業が簡単にでき、建物の形状に容易に対応できる足場として使用されています。

くさび式足場の持つ大きなメリットとして「小回り」があります。
「小回り」とはどういうことかと申しますと、ブロックに例えてみましょう。
タンクやプラントなど、曲線の多い建物に沿ってブロックを組み立てていく場合、ブロックひとつ、ひとつが大きいと、どうしても建物にフィットしにくくなります。
しかし、ブロックを小さくすれば、建物の形状にフィットしやすくなります。これと同じことが足場に言えるのです。

くさび足場は、材料のひとつひとつが小さいため、複雑な形状の現場においてもしっかりフィットする足場を設置することが可能になります。

狭い場所にも設置可能
単管足場

狭い場所にも設置可能単管足場

建物同士の距離が近く、足場を設ける場所が狭い場所では、単管足場が用いられます。単管と呼ばれるパイプを2本渡すことで足場を組むこの工法は、作業スペースは狭くなってしまいますが、最小限の設置面で構成することができるので、住宅密集地などでの住宅改修の際などで活躍します。

安全・防音
仮囲い

安全・防音仮囲い

建設現場をぐるりと囲む仮囲いは、関係者以外の立ち入りを防ぐ、工事の騒音を減らす、粉塵や資材などが現場の中から外に出ることを防ぐ、現場周辺の景観を保つ、現場内外の安全対策など、たくさんの目的があります。

手すり先行工法及び働きやすい安心感のある足場

手すり先行工法及び働きやすい安心感のある足場

手すり先行工法とは

手すり先行工法とは、足場の組立・解体時において常に手すりがある状態で作業を行えるため、『墜落を防止できる工法』です。

足場の設置を必要とする建設工事において、手すり先行工法による足場の組立て、解体又は変更の作業を行うことにより、働きやすい安心感のある足場作りと、職人様の墜落等を防止し、併せて快適な職場環境の形成にも有効です。

手すり先行工法には、「手すり先送り方式」「手すり据置方式」「手すり先行専用足場方式」の3方式があります。
株式会社ミテンでは手すり先行工法にも対応しています。

戸建て住宅

戸建て住宅

一般的な戸建ての住宅の新築・塗装・解体工事の足場。

アパート

アパート

アパートなどの集合住宅も、お任せください。近隣住民の方への対応も、きっちり行います。

店舗

店舗

大型店舗でも対応可能です。
ご来店のお客様が安心して通行できるように、通路の確保とガードマンを配置し、誘導します。

工場

工場

工場もお任せください。どんな建造物でも対応可能です。

「使いやすさ」に配慮。
「万が一の破損」も責任を持ってしっかり対応いたします。

「使いやすさ」に配慮。「万が一の破損」も責任を持ってしっかり対応いたします。

建設現場では、安全性の確保の次に、作業の効率が重要な要素であることは言うまでもありません。株式会社ミテンでは、そんな現場の効率に少しでも貢献したいと考えています。

足場のご依頼をいただきましたら、事前の打ち合わせで足場の仕様を伺います。
足場の使いやすさが、職人様の作業効率に良い影響を与えられたらと考えています。

万が一、不測の自体が発生し、資材などで近隣のお住まいの壁を破損させてしまった場合も、壁の修復も含めて近隣住民の方へ責任を持って、誠心誠意対応いたします。

株式会社ミテンでは、リフォームも承ります!

リフォームもお任せ下さい!

お宅のリフォーム、当社にお任せ下さい!

※説明文を記載